副業はいいことばかりじゃない!?副業で得られるメリット・デメリット7選

2018年5月24日

最近では、SNSなどで副業に関する情報が飛び交っていますね。 また、ネット環境の普及によって、副業のスタイルも大きく変化しています。 「簡単に稼げるのは嬉しいけど、実際はどうなの?」 副業・兼業のメリットとデメリットを考えてみましょう。  

メリット

①金銭的な余裕ができる

単純に手に入るお金が増えるわけですから、金銭的な余裕ができます。 副業で得た収入は、ちょっとした贅沢に使うもよし。堅実に貯金に回すもよし。 自由にできるお金があると、心にも余裕が生まれることでしょう。

②好きな趣味や特技を活かせる

「好きなことを仕事にしたい」と誰もが一度は考えると思いますが、好きなことを本業にして稼いで生活していくことは簡単ではありません。 まずは本業で安定した収入を得ながら、好きな趣味や特技を活かした活動や準備ができる。 さらに、それが成長や収入につながる。まさに、趣味と実益を兼ねることができます。

③気分転換やストレス発散になる

本業とは異なる仕事を持つことで、気分転換になることもあります。 本業とは別の新たなコミュニティーを持ち、人脈を広げることで、さらにアクティブに活動することもできます。 休日を利用して副業でストレス発散をしたり新たな気づきがあれば、本業にもいい影響を与えることができますね。

④新しい気付きや経験になる

自分で一から副業・兼業を始めてみると、これまで気が付かなかった経験をたくさんすることになります。 必要であれば開業の準備や申請。これをやってはいけないという法律やルールのこと。税金のこと。 さらに、こうすればもっと商品やサービスが良くなるのではないかと頭を使って調べて考えることで、本業にも活かせる様な貴重な気づきや経験になります。 そこから視点が変わり発想が柔軟になることで、視野も広がりさらなる成長にも繋がることでしょう

デメリット

①本業との両立が難しい

時間もエネルギーも限りがあります。副業に力を入れすぎてしまうと、本業や日々の生活に悪影響を及ぼす可能性があります。 また、本業(会社)が副業を禁止している場合、副業を会社に知られてその後の関係がギクシャクしてしまうこともあります。 適切なバランスで取り組まないと、逆に副業がストレスになる場合もありますので気を付けましょう。

②確定申告しなければならない

副業での所得が年間20万円を超える場合には、確定申告をしなければなりません。 確定申告により、次年度の住民税の額が変わることで、本業(会社)に副業が知られる可能性があります。 副業で20万円以上の所得を見込んでいる場合は、収支の記録や本業への対策など確定申告に向けた準備もしておきましょう。

③簡単に稼げない場合もある

最近では、ネットや専用サイトを使って趣味のハンドメイド品を販売したり、SNSやブログのアフィリエイトで収入を得るなど、簡単に始められる副業も多くあります。 そして、簡単に稼ぐための情報や成功者の話があふれています。 しかし、ネット販売やアフィリエイトなどは簡単に稼げない場合もありますし、中には犯罪に絡むものもあるかもしれません。 きちんとした知識をもって、副業を始めましょう。

私の場合

過去に個人事業主として、靴やお酒のボトルにスワロフスキーのデコレーションをして商品を販売していたことがあります。これは姉から副業で何か出来ないか?という相談を受けたことが始めるきっかけになりました。 その時の発想としては、 ・姉の手先が器用。 ・材料を仕入れ過ぎて在庫が増えることを避けたい。 ・作り手が姉だけなので多くの商品を作れない。 ・お客様は知人から口コミで広めたいので同年代(20代)を想定。 ・当時スワロフスキーがとても流行っていた。 という条件を並べて考えてみたたところ、”受注生産で完全オーダーメイドのスワロフスキー装飾をした商品を販売する”という結論を出しました。 そこから、個人事業主について調べてみたり、仕入れ先の選定や生産から販売の準備について色々考えたりと、初めてのことばかりでしたがとても良い経験になりました。 結果的に、かなり儲かったという訳ではないですが、投資した金額は取り戻してお小遣い程度で儲けることができました。

まとめ

副業・兼業でも夢や理想を叶えることは可能です。 自分が本当に好きなことを実現したいと考えていれば、生活だけでなく心も豊かにできるのです。 一方で、やり方を間違えると、本業にまで大きな影響を与えてしまう可能性も持ち合わせています。 副業・兼業をご検討されているなら、あなたの人生においてプラスとなるように考えることをオススメします。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ