起業する前に知っておきたい3つのメリット・デメリット

2018年5月24日

「夢の実現や目的達成ために起業する」これは最高の自己実現であり、素晴らしいことです。 しかし、起業はそう簡単なことでもありませんし、少なからずリスクもともないます。 今回は起業に関してのメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

①実力次第でいくらでも稼ぐことができる

会社勤めでは、歩合や目標達成の報酬がある場合を除き、どんなに成果を上げても一定額の給料しかもらうことができません。 もしかしたら自分の働きと給料が見合わないと不満に感じることもあるかもしれません。 しかし、起業すれば実力次第でいくらでも稼ぐことができますし、報酬も自分で決定することが出来るので、あなたが成果を上げれば上げるほど報酬も増えていきます。

②自分の意志で働くことができる

あなたがトップですから、あなたにあれこれ指示をする人はいません。 すべてがあなたの考え通りに動かすことができます。 いつ働き、いつ休むか。どのようにプロジェクトを運営するか。 どのようなサービスを提供するのか。 あなたの夢の実現や目的達成を叶え、社会貢献ができる最高の自己実現を自分の意志で進めることができます。

③自分の努力や取り組みを形に残すことができる

会社に勤めている間は、あなたはあくまでも会社の一員にすぎません。 あなたの努力や成果は会社の利益となります。 しかし、起業後のあなたの努力や成果はすべてあなたの会社の利益となり、あなたの取り組みは事業となって形に残すことができます。 さらに大きな成果をあげることができれば、地位や名声を得ることになるでしょうし、事業主だからこそ感じる達成感も大きくあります。

デメリット

①必要なものはすべて自分で準備する必要がある

まずは事業計画を練って、必要に応じた資金の工面・調達をしなければなりません。 自分の貯金などで準備できない場合は融資を受けることになります。 融資は借金ですから、事業を成功させて返済しなければなりません。 融資を受ける場合は事業計画書を作成して審査を受ける必要があります。 今ではベンチャーキャピタルから投資を受けたり、クラウドファンディングを利用するなど、資金調達の方法も様々です。 その他には、設備や備品などお金をかけて用意するものだけでなく、顧客や人脈などお金ではどうにもできないものも自分で開拓していく必要があります。

②すべて自己責任となる

メリットの②で「あなたがトップですから、あなたにあれこれ指示をする人はいません」と書きましたが、これはつまり「あなたを助けてくれる人もいない」ということでもあります。 成果が上がらず利益が出なくても、すべて自己責任となります。 他にも、経費や収支、税金などのお金の管理、自分自身のスケジュール管理や体調管理もすべて自己責任となります。

③社会的信用が下がる

収入が安定しないため、社会的信用が下がります。 すでに住宅ローンなどを組んでいる場合は、ローンが見直しになったり、クレジットカートが作れなくなったりする可能性があります。 会社に勤めていたからこそできたこともたくさんあると気がつきます。 そうした恩恵を受ける可能性があることを念頭においておきましょう。

私の場合

高校生の頃、職種などは全く考えず、ただ”社長になりたい”と漠然と考えていました。 そうは言っても、そこからどうして良いか知識も行動力もなく、知人のご紹介で電気工事の職人として就職しました。 しかし、自分が好きな仕事ではなかったと気が付いてから、経営層のお抱え運転手、配送会社のトラック運転手や法人営業、その次はシステム開発の営業と渡り歩いて、ようやく29歳の時にIT(システム開発受託等)企業として独立することが出来ました。 起業をする時には初めての経験なので怖さや不安はもちろんありましたが、今では結果的に起業をして良かったと思っています。 これは起業しないことが悪いということではなく、起業することが私には合っていたということです。 なぜなら、過去に私がバリバリ働いていた会社の事業部が撤退するという経験(勤めていた社員約30人が事実上リストラ)をしたことがありますが、会社に雇われて従業員でいるということは、そういった事態が発生した時にどうすることも出来なくなると痛感したからです。 つまり、自分の人生にコントロールが効かない状態となってしまい、ただただ身を任せるしかないのです。 これは従業員であれば誰にでも起こりうることですし、私はとても怖いと感じました。 もともと、計画的に進むというよりも直感で生きてきたのですが、他人に身を委ねて自分の人生をコントロール出来ない怖さを知ってからは、しっかりと自分で計画を立てて自分の人生を生きたいと決めたのです。 だから、起業して自分の夢を追いかけるということは後悔のない決断なのです。

まとめ

起業のメリット・デメリットについては、いかがでしたでしょうか? 起業の形はさまざまですし誰にでも始めることはできますが、続けていけるかどうかは別に考えなければなりません。 "なぜ、起業しなければならないのか?"ということを自分に質問してみて、本当に起業したいかどうかをよく考えてみましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ