情報収集のコツ

2018年11月13日

現代は「情報化社会」と言われるほど、日々の生活のなかに情報が溢れています。 昔なら自分が関係のあることだけ、一部の情報さえ知っていれば生きていくことができましたが、今ではその生き方をしていては時代に置いてきぼりになり損をする時代に。 2000年のインターネット・バブル以降はネットと私たちの生活のあり方が大きく変わっていきました。 そもそも情報化社会とは言いますが、ただ情報を集めるだけでは意味がありません。 集めた情報を理解してそれを知識に変えていく力が必要なのです。 知識に変えて、はじめてあなたにとって身についた情報に変わるのです。

情報の根源も調べる

情報収集のコツとしては、まず「目的」を決めることが大切です。 どうしてその情報収集をする必要があるのか? 自分にとってどのぐらい役に立つものなのか? など目的を考えてから調べることでインプットしやすくなるのです。 日々情報が溢れかえっている世の中だからこそ、そこを明確にしないと情報の多さに目が回ってしまいます。 また情報の「根源」をしっかりと確認することも大切です。 近頃はインターネットの普及により誰でも手軽に発信できる時代になりました。 そのため、情報が正しくないものも多く、その情報に踊らされて間違えた知識をもってしまう人もいるのです。 この情報は本当に信用できる情報源なのかどうか? なかにはデマやフェイクニュースなどが隠れている場合もありますので、間違えた情報をそのまま受け入れてしまわないように、情報を正しいものかどうか判断することも情報収集をする上では大切なことです。

まとめ

ある程度情報収集をしたら、一度メモやノートに書きだしてまとめてみましょう。 目で見て集めた情報を再度まとめてみると、本当に必要なものと必要でないものが見えてくるはずです。 情報収集はコツさえ掴めばあなたにとって有益な情報をもたらしてくれるツールになります。 情報収集をする上で情報に躍らされることがないように注意してくださいね。 また情報を集めた上で自分の意見を持つことも大切です。 集めた情報をもとに、今後自分がどんなことをすべきかどうかを判断すれば、新しい一面が見えてくはずです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
「入力内容の確認」ボタンを押して内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
「(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ