起業について

2018年11月13日

近頃は若い世代でも起業する人が増えています。 昔みたいに資本金がないと起業できない時代とは違い、誰でもやる気次第で起業ができます。 もちろん起業したからといって誰もが成功するわけではなく、なかには脱サラして起業したにも関わらず1年でリタイアしてしまった…なんて話を聞くこともあります。

成果次第では収入が何倍にも

サラリーマンとして生活していると、毎年基本給が少しずつでも上がれば嬉しいものですよね。 会社に勤続した年数が長ければ長いほど給料は上がる傾向にありますが、微々たる金額でしかなく毎月通帳とにらめっこしている人も少なくないでしょう。 起業した場合の収入は自分の努力や成果次第になりますが、上限が決まっていない分サラリーマンの数倍に上がるのも夢ではありません。 なかには起業して数千万~数十億円の売上を作り出す人もいます。

自分の会社のために常に考える

とはいえ、起業することは今まで会社に所属していて黙っていても仕事が入り、勤続年数に応じて収入が入ってくる場合と違い、常にアンテナを張り努力して結果に繋げないと売上も上がっていきません。 また、自分の頑張り次第なので仕事を休めばその分収入が減りますし、始めのうちは基本的には会社に関わるすべての作業を自分でやらないといけません。 総務・経理・人事・事務・打ち合わせなど、苦手な分野が合ったとしても誰も変わってくれるわけではないのです。 もちろん起業したからといって一年目からうまくいく人ばかりではないでしょう。 思うように収入を得ることができず苦戦した時代ですら自分の結果に過ぎないのです。 どんなにすごい会社で実績を積んできた人でも、起業するとなれば新人です。 自分の会社を運営して利益を上げていくためにどうしたらいいのか、そしてそのために何ができるのかを常に考え続けます。

まとめ

起業するとさまざまな壁にぶち当たりますが、“どうすれば乗り越えていける?”と考えることが必要です。 今日できないことが明日できるわけがないので、明日をより良くするためには"今"実行していくことが重要なのです。 そして、そのように全力で努力したことに無意味なことなんてありません。 起業するとは毎日が勉強の積み重ねです。 その経験が、あなたの資産となり会社の売上につながっていくことでしょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ