アルバイト

2018年11月18日

気軽に仕事ができる雇用形態として「アルバイト」と「パート」があります。 年代など問わず、学生時代に学校の後にアルバイトをした経験がある人もいれば、主婦になって空き時間にパートをしている人もいるでしょう。 男女関係なくさまざまな雇用形態があり、働き方を選べるのがアルバイトとパートのメリットでもあるでしょう。

アルバイトもパートも同じ労働者

ではアルバイトとパートにはどのような違いがあるのでしょうか? 法律的に見ればどちらも労働者に変わりはありません。 どちらにも明確な違いがないので、会社によってそれぞれの定義をもって労働者の募集をかけている場合がほとんどです。 例えばアルバイトは学生がするもので、パートは主婦がするものだと思っていませんか? また週に1~2回程度働くのがアルバイトで週に5日働くのがパートと決めている会社もあります。

募集要項をよく確認すること

企業によってその表現が曖昧な場合が多いので、募集要項をしっかりと確認した上で、どんなメリット&デメリットがあるのか調べて応募するようにしましょう。 またアルバイトやパートの場合は時間給が多いので、なるべく多く稼ぎたい場合には、勤務時間を長くするか、もともとの時給が高いところかを選ぶ必要があります。

将来の仕事選びの参考にもなる

アルバイトやパートの場合、気軽に挑戦できる分、色々な経験をしておくことをおすすめします。 将来的に、アルバイトの経験からやりたい仕事と結びつくこともありますし、その経験が何かしらの形で生きていくことでしょう。 アルバイト・パートに関しては、働いた対価にあわせてお金も発生しますし経験しておいて損はありません。

まとめ

アルバイトやパートの場合は人手が欲しいので面接の基準も甘く、面接に来た当日に即決や当日から働ける場合もあります。 経験してみたい業種など学校の長期休暇を利用してがっつりと働いてみてもいいかもしれませんね。 アルバイト・パートには明確な決まりがないですし、いずれにしても自分がやりたいことに合った条件の求人を選ぶようにしていきましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ