情報収集

2018年11月18日

例えば起業をする時、まず基盤を作るために必要となるのは「情報収集」です。 何かを始める時や行動する前に情報を集めてそれが本当に必要なものなのか、市場はどのようなものなのかなど判断する必要があります。

正しい情報を得る

インターネットの普及により世の中には情報が溢れかえっています。 もともと情報を得る手段の大半がTVをみる本を読むことで自分に必要な情報を探す手段でしたが、その数倍以上の情報をいつでも誰でもかんたんに調べられる時代なのです。 だからこそどの情報が正しいのか?正しくないのか?が逆に不明瞭になってしまい、どう進んでいいかわからなくなってしまったり、間違えた情報に左右される人も増えているのです。

意思決定に活かす

そもそも情報収集とは何のために行うものなのでしょうか? 情報収集はビジネス的な視点で考えると「成果を出すために行うもの」であり、得た情報を意思決定のプロセスとする場合もあります。 どんなに優れた人間でも自分だけの知識で意思決定をするのが難しく、得た情報をもとに分析して今後の将来性やビジョンを決めることに繋がるのです。 情報収集はすぐにお金に直結するものではありません。 集める時間は想像以上にかかりますが、その情報をもとに「どう活かすのか?」が大切になります。

目的に合った情報を集める

まず情報収集を行うためには「目的を明確にする」ことから始めましょう。 なんとなく知っておいた方がいい情報に溢れている現代は、ちょっとスマホを開くだけでも新しい情報をかんたんに手に入れることができます。 この情報は自分にとって本当に役に立つものなのか?を考え、情報を得た上でどうしたいのか、その目標を明確にすることが情報収集には大切なことなのです。

トラブルの原因になる可能性

またその情報が信頼できるものなのかどうかは、インターネットの場合は「出典元」を確認することでわかります。 出典元の情報が記載されていない情報の場合は、それが真実なのかしっかりと下調べをした上で判断しないとトラブルのもとになってしまうこともあります。

まとめ

情報収集はビジネスの基盤を作る上でもとても大切なことですが、その正しい方法について知らない人が多すぎるのです。 正しい情報を正しく使い、あなたの人生をより豊かにするために活かしましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ