フリーマーケット

2019年1月27日

週末など広場や公園で見かけるフリーマーケットは、別名「蚤(のみ)の市」とも呼ばれ、昔から日本で行われてきた販売方法の一つです。 不用品を集めて物を大切にするという考えをもとに、シンプルなライフスタイルを提案しています。 環境保全などの一環になり、ゴミにしないことやリサイクルなどの意味合いもあり、さまざまな場所で行われているのです。

顔を見て会話を楽しみながら

フリーマーケットはその地域の人たちとのふれあいなど、商品の販売を通して人との会話を楽しむことができます。 出品者側の立場でいうと値切ってくるお客もいれば、商品について詳しく聞いてくる人もいます。 1対1の会話を楽しみながら、自分が大切にしていた思い入れのある商品を1つ1つ販売していくのです。 今はインターネットの普及によりオークションサイトなどもたくさんありますが、直接顔を合わせて販売するからこその楽しみがあります。 また定期的にフリーマーケットに出品していると無駄なものがなくなり、環境にも貢献し自分にとってもお小遣い稼ぎになりますし、嬉しいポイントがたくさんありますね。 また購入する側からしても普段見ることのない珍しい商品など、五感が刺激されるものがたくさんあります。 フリーマーケットは子供から大人まで幅広い世代で楽しめるものになりますので、誰といっても楽しめるのもポイントです。 出品者との会話を楽しんだり見つけ物があると嬉しくなりますよね。 フリーマーケットならではの雰囲気が好きだと言う人もいるでしょう。

まとめ

フリーマーケットは直接販売する方法だけでなくアプリなどを通すこともできます。 スマホで出品したい商品の写真や紹介文を用意するだけの簡単操作で出品料などもかかりません。 自分の好きな値段を付けて気軽に売ることができる方法です。 インターネットだからこそ多くの人に見てもらえるので購入者が見つけやすいというポイントもあります。 フリーマーケットを通してこの商品にいくらの値段を付けるか、どのぐらいで売れるのかなど経済的な観点も身につきます。 気軽に商品の売買ができ、経験を積むこともできるなど楽しく学べる環境でもあるのです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ