人口減少社会

2019年1月27日

近頃のニュースで2060年の日本の総人口が8,600万人に落ち込むと考えられています。 現在は約1億3,000万人の人口がいるのに、どんどん人口が減少していく社会が日本では起きてしまっているのです。 この問題に対して詳細に取り上げられる機会があまり多くないので、正しく理解できていない人もいるかもしれません。

圧倒的な労働力の不足の可能性

よくこの問題をピラミッド型の表で目にしたことがあるのではないでしょうか。 2060年には人口の約40%が高齢者になると言われています。 生産年齢の割合は50%になってしまうなど、国民1人辺りにかかる負担が大きくなってしまうのです。 国民の半分以上が55歳以上になり、今のままの社会構造では労働力が圧倒的に不足することが容易に想像できるのです。

介護難民の増加

このような社会情勢になるとどんな問題が起きると思いますか? まず「介護難民」を増やす原因となります。 高齢者や介護を考えた時に地方ばかりをイメージするかもしれません。 首都圏は若者も多いのでそんな問題が起きないと思い込んでいる人もいるかもしれません。 ですが、首都圏も急激に高齢者が増えることによって介護施設に入ることもできず、自宅で生活する介護難民も増えてしまうのです。

考えられる対策

では、人口減少社会において日本はどんな対策をしていけばいいのでしょうか? まずは女性の社会進出をより進めることはもちろん、技術革新などのAIの進歩、すなわちテクノロジー化を進めていくことでしょう。 人間の仕事を奪ってしまうのでは?とAIの進歩を恐れてしまう人もいるのですが、人口が減少してしまう日本にとって大きな労働源になることは間違いありません。 AIなどのテクノロジーとも上手に付き合っていくことが大切なのです。 同時に、賛否分かれてしまう意見ではありますが移民を受け入れることも一つの方法です。 日本に外国人労働者を受け入れることも検討する必要があるでしょう。

まとめ

このままでは日本の人口減少は避けることはできません。 それを食い止めるためにできることを考えて進めていかないと、日本では様々な問題が起きる原因となってしまいます。 50年後の日本は決して遠い未来の話ではありません。 今からできる対策に取り組み、日本の未来が安定した生活を送れるように心がけなくてはいけません。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ