副業・兼業

2019年1月27日

終身雇用が見直されるようになり、大手でも副業・兼業を容認する動きが目立つようになりました。 今までは副業・兼業をすると本業の仕事に集中することができなくなり、支障をきたすなどの理由で禁止していた企業も多いのですが、今の時代は給料も大幅にあげることもできなくなり役職なども難しい時代で「足りないお金は自分で稼いでね」といった意味もあるなど、副業・兼業をしている会社員が増加しつつあるのです。

副業と兼業の違い

そもそも副業と兼業にはどのような違いがあるのでしょうか? 副業とは「本業の他にする職業」のことを言います。 兼業とは「本業の他に他の事業・仕事を重ねて行うこと、またその事業や仕事」のことを言います。 兼業は二つの仕事を同程度の労力で行っていることを言うイメージです。 兼業主婦や兼業農家などがありますね。この2つは似ているようで実は全く違うものですので、どちらで働くのかを考える必要があるのです。

自分にとってプラスになることを選ぶ

では副業・兼業はどのような仕事をしたらいいのでしょうか? もちろん本業に支障をきたすのはおすすめしません。 月曜日~金曜日まで本業で働いているのに土日に毎回副業・兼業の仕事を入れていれば、疲れも溜まり思うような仕事のクオリティが保てなくなるでしょう。 副業・兼業は無理のない日程であなたにとってプラスになるような内容の仕事を選ぶのをおすすめします。

まとめ

今の仕事にプラスになるような知識や経験を得られる仕事や、あなたが本業以外でやってみたいと思っていた仕事など、せっかく休日の時間を使って仕事をするのですから有意義な時間の使い方にしましょう。 副業・兼業で得た経験がもしかしたら本業になることもあるかもしれません。 また副業・兼業を始める場合はどの程度まで仕事をするのか自分で線引する必要があります。 例えば、土曜日は副業をしたら日曜日は必ず休むようにする、在宅ワークなどは○時までは仕事をするけれど、それ以降は仕事をしないなど自分なりのルールを決めることが大切です。 副業にしても兼業にしても、本業に支障をきたさない範囲内で働くことをしっかりと認識して行うようにしましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ