創業資金

2019年1月27日

これから会社を起業したい! そんな目標をもって頑張っている人もいるのではないでしょうか? 事業計画を立てた上でいざ会社を運営していくためにも必ず資金が必要になります。 資金の準備ができないと会社として必要なものを揃えることもできませんし、人を雇いたいと思ってもできませんよね。

お金を借りるには信用が必要

創業資金を借りるとした場合、起業したばかり・起業する予定の会社に対して、最初から高額なお金を貸してくれるところばかりではありません。 最初は企業としての実績もないので少額のお金を借りるのだって苦労するかもしれません。 お金を借りるとは、要は信用を買うということです。その信用を作り出すのは時間や実績が必要になるのです。

補助金の申請

創業資金の準備としていくつか方法があります。 例えば国や民間団体から出る「補助金」は、返済不要の給付金になり都道府県ごとに実施している内容が異なります。 起業する場所を決める時にこの補助金制度の有無で決めるのも一つの方法でしょう。 例えば最大200万円まで補助を受けることのできる「創業補助金」や従業員20人以下の卸売・小売・サービス業などに支給される「小規模事業者持続化補助金」などもあります。 こういった補助金は条件に該当していても自分で申請をしないと支給されることはありません。

融資を受ける

またお金を借りる=「融資」もあります。 銀行や政府が運営している日本製作金融公庫などに依頼をして起業に必要なお金を借ります。 給付金ではないので返済の義務がありますが高額な融資を受けることもでき、会社を経営して大きくしていくためには欠かせません。

投資をうける

また近頃は創業資金を集める方法として、VC(ベンチャーキャピタル)からの投資も活発です。 VCはこれから成長が見込まれる未上場企業に資金を投資して、そのリターン(株、配当、事業売却など)から収益を出しているのです。 素晴らしいアイディアやビジョンを持っているのであれば、VCと出会って提案することで投資を受けられる可能性も大いにあります。 また、経済的な利益だけではなく、事業成功のために必要な人を紹介してもらえたり、アドバイスをいただけることもあるでしょう。

まとめ

ありがたいことに、やる気があれば誰もが独立・起業することができる時代です。 上述以外にも自己投資金など自分の資産から創業資金を用意する人もいますので、創業資金がないからできないなんてことはなく、どうすれば実現出来るかを調べて、考えて、行動することが大切なのです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ