労働安全衛生

2019年1月27日

労働者の安全と健康を守る法律「労働安全衛生」について、あなたはどの程度理解していますか? これは、快適な職場環境を形成することはもちろん危険や健康障害から守ることを目的としています。 もともとは労働基準法の一部に組み込まれていましたが、産業が急速に発展したこともあり、技術の進歩に対してすばやく対応できるようにするために独立した法律なのです。 独立してから新たに加えられた項目なども多く、内容が充実しているといっても過言ではありません。

仕事内容の危険性などを理解する

どうしてこの法律が策定されたと思いますか? たどってみると昭和47年にできた法律になりますが、そもそも安全基準とはどのようなものを指すのでしょうか? 安全衛生教育については、新しく労働者を雇い入れる場合や作業の内容を変更した場合に、機械や原料などの危険性や有害性などを説明することなく作業をさせてしまうことを禁止しています。 この業務を行うことによって、起こり得る疾患や事故のリスクなどを回避するための法律です。

職種に関係なく必要

労働安全衛生はどんな業種に対応すると思いますか? 実は一人でも従業員がいる職場に対しては必ず適用されるものになります。 職種などは一切関係なく従業員が50名以上いる場合は、衛生管理者を選任して「安全衛生委員会」を設置するように義務付けられています。 これは書類上の人数になりますので、会社に常駐していなくても含まれます。

労働者のためのルール

また衛生基準とは、労働者が安全に衛生的に業務に従事できるように定められています。 作業場の気温や湿度の調整をすることはもちろん、照明設備を定期的にメンテナンスしたり、清潔保持義務などの規則が細かく設定されています。 他にも「特別規制」には、建築業などのクレーン運転の合図の統一や事故現場の標識の統一なども規定されている内容です。

まとめ

一言に労働と言っても、さまざまなものがあります。 会社の事業者が労働者の安全を守るための法律になりますが、その条件が難しく理解できていない人も多いのではないでしょうか。 とても大切なことが記されていますので、法律違反を防いだり事故やトラブルを防止刷るためにも必ず把握しておくべき内容と言えます。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ