女性リーダー

2019年1月27日

近頃は女性でも男性顔負けで活躍する人が増えましたね。 女性活躍推進法が施行されたことによって、性別に左右されずに活躍するための「女性リーダー」の育成が注目されるようになりました。 日本だと小池百合子東京都知事など、男性ばかりの社会でも女性が活躍し意見を求める機会が増えたように感じます。

女性の力で更なる発展を

1999年に男女共同参画社会基本法を施行し、2015年には女性活躍推進法、2017年男女共同参画など、女性がもっと活躍できる社会を作るための支援が何度も見直し行われるようになりました。 日本の企業は、数ある先進国の中でも女性の活躍度が著(いちじる)しく低いと言われています。 これから日本がさらに発展するためにも、女性がもっと活躍する場所が必要なのです。

女性リーダーが増えない理由

ですが、日本で女性が活躍できる法律を作っていても、理想と現実には大きなギャップがあると言われています。 女性に活躍してもらいリーダーになって欲しいと思っていても、本当に活躍している割合は少数程度に留まっています。 その理由として、リーダーになるだけの知識や経験がある女性がいないという企業もあれば、在職年数が少ないことを理由にあげる人もいます。 今までの日本では女性をリーダーにするための対策が行われてこなかったこともあり、経験を積んでこなかったことが女性リーダーが増えない理由にもなっているのです。 また女性の中には課長以上に昇進したいと考える人の割合が、男性よりも低いことも分かっています。

女性ならではの視点

女性がリーダーになることで男性にはない一面をカバーすることもできます。 例えば、さまざまな立場の違う人とも柔軟なコミュニケーションを取り、円滑に勧めていけるのは女性ならではですよね。 上下関係に左右されることなく誰に対しても公平なので、女性がリーダーになることで今まで活躍できなかった人たちがもっと活躍できる環境を作れます。 男性では気付くことのできない視点で会社としての成長にも繋がります。

まとめ

女性リーダーを育成することは、日本の労働を考える上でとても重要なポイントになるはずです。 そのためには女性が働きやすい風土や制度を整えていかなくてはなりません。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ