融資

2019年1月27日

起業など新しい事業をはじめる時に足りない資金を補う方法として「融資」があります。 資金を必要とする法人・個人に対して将来の返済を約束した上で貸すお金のことです。 融資とは、要はローンや借入と同じ意味があります。 融資とはあくまでも借りているお金なので、金利を上乗せした金額を返済する必要があります。 融資は一時的に資産を増やすことなりますが自己資金とは別に分類されます。

ベストな融資を受ける

融資を利用する時にいちばん大切なことは、「どこで融資を受けるのか?」ということではないでしょうか。 政府が運営している金融機関にて融資を借りることもできますし、信用保証会社を通して銀行から融資を受ける方法もあります。 この2つは比較的融資を借りやすいものでもあり、金利も高すぎないのでこれから起業をする人におすすめです。 逆におすすめしないのはノンバンクの事業者ローンです。 金利も高く方法を間違えると負債になりかね下手をすると倒産の原因となってしまいます。 一言に融資といっても種類があり、借りられる場所で借りるというスタンスでは、せっかくのお金も損することになってしまうのです。

企業や個人として融資を受ける

では実際融資で得たお金をどんな項目に使用しているのでしょうか。 法人の場合は、設備資金・賞与・決済賞与などの時期によってまとまったお金が必要な時に利用する場合も多く、運転資金としても使われます。 また起業などではなく個人でも融資を受ける場合があります。 例えば、進学時の教育資金や分譲マンションを購入する時の住宅資金、車を購入する時の資金など、一括で支払いができないような高額な物を購入する時に使用した経験がある人もいるでしょう。 融資は基本的にその人に返済する力があるのかどうかを判断した上で収入や資産に応じて融資額を決めています。 いくら希望した金額があってもその金額を融資するのに値しないと判断されればその金額の融資を受けることはできません。 資金使途や信用情報なども確認され、過去に返済に滞りがありブラック登録されているとう融資の審査すら降りなくなってしまいます。

まとめ

融資を希望する時も計画性が大切です。 それに、信頼を得てしっかりと返済できるからこそ借りることのできるお金です。 なぜ融資が必要なのか? 融資でなければダメなのか? しっかりと考えてから有効に活用していきましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ