ベンチャー

2019年2月2日

中小企業で冒険的・野心的な事業。起業。ベンチャービジネス。に該当するものを「ベンチャー」といいます。 近頃はIT企業など今までにない分野に新しいビジネスが生まれ市場が作り出されていきます。 時代のニーズに合わせた事業や商品を生み出し成長していく会社を「ベンチャー企業」とも呼びます。

規制緩和で会社の設立がしやすくなった

通常は事業としてスタートして間もない企業に使うもので、当初は薄利多売とも言える少しの利益を得ることで運営している場合がほとんどです。 ただし、今後成長が見込める企業や投資機関などのベンチャーキャピタルから資金の援助を受けている場合もあります。 2000年以降に急激に増えている事業の形であり、なかには株式上場して会社の規模を拡大する会社も見かけます。 法律の規制緩和により株式会社の設立がしやすくなったことに理由があります。

会社のために貢献できる人向き

ベンチャー企業において集まる人材にはある特徴があり、現段階ではなく将来に投資をしているということです。 大企業のような福利厚生や安定感・信用性はないにしても、そのトップにいる人の考え方や行動に感銘を受けて、付いていきたいと共感した人を中心に会社の人材を増やしていきます。 そのため最初から高給取りとはいかず会社の成長とともに給料もあがっていきます。 さまざまな分野に挑戦するチャンスはある分、個人裁量制で仕事の負担となってしまうこともあります。 ですが、結果が出れば大企業よりも高額な給料を受け取ることもでき、仕事にやりがいを求める人におすすめです。 自分の能力を生かして会社のために貢献できる人に向いている業種ともいえるのではないでしょうか。

まとめ

ベンチャーは今後も新しい分野を次々に生み出し、時代の変化に対応すべく成長していくと予想されています。 会社としては小さなものですが、将来性を考えた時に「自分が付いていきたい!」と思えるようなベンチャー企業を見つけましょう。 それは代表の考え方を知るのも一つの方法ですし、実際に会社の講演会などに足を運び、ベンチャー企業として今後どんな挑戦をしていきたいのか知ることで将来に進む道が大きく変化することになるでしょう。 色々な可能性を秘めているベンチャーだからこそ、情熱や楽しさ、やりがいや達成感なども味わえるはずです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ