セルフイメージを上げる

2019年2月3日

あなたの人生を決定づけるものとして「セルフイメージ」があります。 以前話題になった本「7つの習慣」では、以下のように記されています。
「自己パラダイムは、私たちの行動や態度、他人に対する思いなどのすべてに影響しており、自分の人格の基礎的な要素のひとつである」

出典:7つの習慣~人格主義の回復~(スティーブン・R・コヴィー著)

セルフイメージは「自分自身への思い込み」

そもそもセルフイメージって何のことか分かりますか? 分かりやすい表現でいうと「自分自身への思い込み」のことを言います。 他人からの印象の他に、人間は誰しも自分自身が持つ自分への自己評価をもっているのです。 それは生きていく過程でそう思い込んだものもあれば、占いや姓名判断などの情報をもとにそう思い込んでいる場合もあります。 「自分は優れている人材だ」「自分は仕事ができる」「自分はかっこいい」など、内容は内面的なものもあれば外見的なものもあり様々です。 こういった思い込みは正しいかどうかではなく、その思い込みのレベルによって人生が左右されてしまいます。 セルフイメージで作り上げた自分像によって行動や態度が変わることになり、あなたの人格を作り出していくことになります。 セルフイメージの多くは生きてきた環境や過程によるものが多く、セルフイメージについて自分でも勘違いしたまま人生を歩んでいく人も珍しくないのです。 例えば「○○さんのお家は貧乏だからかわいそう」「○○さんはシングルだから勉強ができない」など、まわりからのあなたの育っている環境に対するイメージがあるはずです。 そのイメージを幼い頃から植え付けられてしまうと、そのセルフイメージ=自分になってしまい、本当はもっと素晴らしい人格を持った才能に溢れた人材なのかもしれないのに、自分はこの程度の人間だからと諦めてしまうのです。 セルフイメージを勘違いしているばかりにこのようなことが起きてしまうのです。

まとめ

極端に言えば、セルフイメージは自己満足の世界なので間違っていてもかまいません。 今よりも高いセルフイメージを持ち続けることができれば、あなたは今の世界よりも豊かな生活を手に入れることができます。 マイナスの思い込みほど成長を止めてしまうものはないですし、プラスの思い込みほど成長を加速させるものはありません。 あなたのセルフイメージについて考えてみましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ