被災地支援

2019年7月24日

東日本大震災や西日本豪雨などの災害が起きる度に「被災地支援」を耳にします。 災害にあい通常の生活が送れなくなり、少しでもいいから困っている人たちの役に立ちたいと思う方も多いはずです。 現地に言って仕出しをしたり片付けを手伝っている人もいれば、不足している物資をボランティアとして送る人もいます。 でも被災地支援にもするべきこともあれば、逆にしてはいけないこともあります。 意図を違えた行動は現地の人たちの迷惑になるだけです。 災害が増えいつ自分の身にも降りかかるかわからない現代だからこそ、この機会に被災地支援について学んでみませんか。 被災地支援の中でやってはいけないことは、
  • 現地の状況がわからないのにむやみに向かおうとしないこと
  • 被災地の交通ルートを遮断、混雑させないこと
  • 電話連絡は回線の混雑をまねきますので、状況が確認できたら控えること
  • 嘘の情報や、確証のない情報をむやみに拡散させないこと
  • 体力に自信のない、体調がすぐれない人は現地に向かって熱中症など人手不足の原因となるので控えるようにすること
  • 救援物資は個人からは受け付けていません
  • 物資不足をまねきますのでむやみに物を買い込まないこと
上記のように被災地支援をしているつもりが逆効果になってしまっている場合もあります。 西日本豪雨のように現地で土砂をかきだしたり片付ける作業もとても必要なことですが、力があり体力にも自信がある男性で充分です。 誰かのために動きたいという気持ちはわかりますが、熱中症で倒れてしまうなど、人手不足で物資不足の病院に迷惑がかかることになってしまいます。 私たちができることは、募金や義援金を行うことや、余計な電気や水を使わない節電や節水を意識すること、献血などもその1つです。 被災地支援からは遠い話のように思ってしまうかもしれませんが、これらが現地の人たちを救うことに繋がります。 また、被災地支援で何もできないと思っている人も100円でも募金をすれば、何かの修理や修復に役に立てるかもしれません。高額なお金でなくても気持ちも充分に伝わります。 被災地支援については、本当に現地の人たちが求めていることを行うようにしましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ