早期検診推進

2019年7月24日

誰だって健康で長生きしたいと思うものですよね。 ですが、何か体調不良が出た時には症状が進行してしまっていて、治療ができないケースもあります。 特に病気の多くは早期には自覚症状がないものが多く、ある程度進行してから症状が発生するものが多いのです。 そのため、何か症状が起きてからではなく、無症状のうちから定期的な健康診断を受診する必要性が問われています。それが「早期検査」になります。 例えばがんは症状が進行してからでないと自分では気づけない場合が多いのです。 早期であれば薬を使ってがんを小さくする治療を受けるなど選択肢が多いのですが、進行してからになると切除するしか治療方法がなくなってしまうことも。 また高齢者のアルツハイマーなども、ビックデータの活用によって早期医療の必要性が十分に求められています。 早期治療は、早く病気を発見することで治療の幅を広げ、確実に病気を治す為にも必要なものなのです。 日々せわしくない生活をしていると、早期検査の必要性がわかっていてもつい後回しにしてしまいがちです。 ですが自分の健康を守るためにも、自分の体に向き合う機会でもあるのです。 早期検査は年に1回の健康診断でも十分に効果があります。 もちろん健康診断で何も病気が見つからない人もいます。 その場合は日々の生活習慣の改善を行い、病気を予防することもできます。 また、病気を早期に発見することはかかる費用の削減にもなります。 がんを切除するよりも薬で治療したほうが、かかる負担が少ないのです。 人間はいつ病気になるかわからないからこそ、健康に毎日を過ごすためには、早期検査は欠かせないものなのです。 健康診断を定期的に受診していない人や、少しでも気になることがある(例えば親や祖父母ががんにかかったことがある)などの場合は、、早期検査を受けて大きな病気になる前に予防することが大切です。 病気は予防次第でいくらでも早期治療ができます。 自分の取り組み方次第ではいくらでも予防することができるなど、早期検査の重要性を今一度考えて積極的に行動することが大切なのです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ