長時間労働

2019年7月25日

長時間労働は、過労死のリスクを高めるものとして社会問題になっています。 政府は働きかた改革などにも力を入れており、時間外労働を規制するなど長時間労働を抑制するように法整備などを行っています。 本来労働時間の基準は1日8時間、1週間で40時間までに定められています。 これを法定労働時間といい、これを大幅に超えて働く時間を規制しています。 本来時間外労働を行う時は、従業員と代表者の間で時間外労働についての協定が結ばれています。 これを36協定といい、1か月の時間外労働の限度時間は45時間まで、1年間で換算すると360時間程度になります。 ただし6回までは特別な事情がある場合にのみ、時間を超えて勤務することができるようになっています。 特別な事情とは受注過多などの繁忙期だったり、リコールなどの対応に追われるなど、緊急性のある場合にのみ対応しています。 このような労働時間の取り決めがあるにも関わらず、1年中残業時間がオーバーしているような企業があったり、長いこと続いている人手不足によって長時間労働を強いる結果になってしまっているのです。 そのため24時間営業を廃止したり、定休日を設けるなどの変更をして休日を少しでも増やすように工夫している企業も増えています。 例えば飲食店や医療現場などは、労働時間を超えた勤務が常習化してしまい、残業時間が長くなりがちです。 これらの時間外労働時間を減らし、長時間労働を少しでも軽減させるにはどうしたらいいのでしょうか。 人を増やしてここにかかる負担を軽減するのはもちろんのこと、一人一人の生産性をあげるのもとても重要なことです。 業務の効率化を計れば、残業時間など減らし業務時間内に作業を行うことができます。 会社やお店にとっても無駄な人件費を削減することにも繋がり、無駄な経費の削減にも繋がります。 一番悪い例は時間外労働を強いられているのを主張できず、無理に働かされてしまっているケースです。 時間外労働に働くのが当たり前ではなく、本来は決まった法律がありその時間内で働けるような形を作り出すことが大切なのです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ