強制労働・児童労働

2019年7月25日

あなたは「強制労働」や「児童労働」について知っていますか?それぞれを詳しく説明していきます。 強制労働は本人の意思に反して強制的に労働を強いることになります。実際に法律でも以下のように取り決められています。 第5条(強制労働の禁止) 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。(※引用しました) 1932年に強制労働条約が定められ、国民に対しての強制労働を強いることを禁止するように定められています。 例えばこの勤務を言われたとおりにしないと首になる、処罰の対象になるなどの脅しなども強制労働に含まれます。 ただし災害が発生したときや、災害が目前に迫っている時に公権力によって労働を強いるのは、強制労働に含まないとされています。 日本での近年問題になっている強制労働は、知的障害者に対して個人の自由を与えずに強制労働を強いたり、暴力や経済的なプレッシャーを与えることによって労働を強いるなどの実態も決してないとはいいきれません。 児童労働は労働基準法に満たない未成年が労働を強いられることいいます。 どうしても世界をイメージしてしまうかもしれませんが、日本も例外ではありません。 日本では15歳に達した最初の3月31日が終了する中学校を卒業した年齢でないと、労働することを禁止しています。 13歳以上であれば例外として労働基準監督署の許可を得て新聞配達などの労働をすることは認められています。 日本では児童労働の数が公表されていません。 ただし2015年のデータで少なくとも6235人は児童ポルノ法などの犯罪に違反した被害者になっているとも言われています。 児童労働の多くは売春などの強要に使われてしまうことにあるでしょう。 JKビジネスや児童買春などは児童労働の典型です。この手のニュースは頻繁に耳にすることを考えると、決して身近な場所でも同じようなことが起きていることがわかります。 児童労働の被害にあうのは家庭や学校・地域などに居場所がない子供です。 児童労働を防ぐために私達ができることにはどんなものがあるのでしょうか。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ