ダイバーシティ

2019年7月26日

あなたはダイバーシティについて知っていますか? なかには女性活用に関係する言葉だと勘違いしている人もいるかもしれません。 確かに今後の社会を考えた時に働き方に大きな影響を与える概念にもなります。 女性だけでなく男性にも関わるポイントになりますので、覚えて置いて損はありません。 そもそもダイバーシティとは「多様性」のことをいいます。 様々な生き物が共存していることをいい、人間だけでなく動物や生き物・植物など数が減少して絶滅することのないようにお互いの多様性を守り続けています。 日本のダイバーシティとは、今までの企業では会社でリーダーになれるのは、一定の大学を卒業し健康面でも問題のない人が当たり前のようになれる時代がありました。 それは企業だけでなく政権や経済界なども同じような価値観を持って今の日本を作ってきたのです。 ですが今のままでは企業としての経営を守ることができず、成長することが求められるようになってからダイバーシティの考え方が広がるようになりました。 要は男性ばかりの社会から女性が活躍できる社会を指したり、性別だけにとどまるわけではなく、さまざまな視点を持ち合わせた人間同士が活躍できる社会のことです。 今までの一定の考え方を正解とせず、様々な視点を持った人間が同じ企業内で働くことによって、多様な視点を持ち合わせ性別や年齢に左右されることのない考え方を見に付けることができるのです。 今までの日本では当たり前のように行われてきたこと、考えられてきたことを変えるチャンスがダイバーシティでもあるのです。 このダイバーシティの考え方に付いてこられない企業は、今後の未来で成長する可能性を自ら狭めていることになります。 ダイバーシティの考え方ができる企業は社会からも認められ、愛される会社です。 いろんな考え方を持った人間同士が意見を述べたり提案することはとても重要なことです。 人間は今まで生きてきた中で様々な背景を持ち合わせています。 そんな人であっても平等に判断されるべきであることを忘れてはいけません。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ