家庭内問題

2019年7月26日

家庭内で起こる様々な問題を見ていくと現代の社会の闇を見ることができます。 本来であれば愛する者同士が結婚し、子どもが生まれ、幸せの真っ只中でなくてはいけないはずなのに、一部の親の中には子どもに暴力を奮って心理的な苦痛を与えるなどの問題が起きたりしているのも事実です。 例えば「虐待」「言葉の暴力」「育児放棄」なども家庭内問題の1つになり、近年日本でも問題になっているものです。 赤ちゃんから成人するまで親の元で生活している期間に起きるものになり、一見問題ないように見える家庭であったとしても、実はこのような問題が起きていたということも珍しくないのです。 このような家庭内問題が起きる原因には様々なものがありますが、親がアルコールや薬物などに依存してしまっている場合、両親の仲が悪い、子どもに障害・疾患があるなどで過度に手がかかる場合などに、暴力を奮ってしまうケースが多く発生しています。 そもそも毎日のように夫婦間で喧嘩が絶えない家庭で育つ子どもは十分にストレスを抱えていますし、それが問題であることすら気付けなくなってしまうのです。 また経済的な問題については家庭環境が大きく変わる原因になります。 例えば父親がリストラにあうと生活が成り立たなくなります。 その結果、家庭内が不和になり矛先が子どもに向いてしまうのです。 家庭環境はいつ・どこで・何が起こるかなんてわかりません。 どんなに仲のいい夫婦であっても家庭内の状況が急激に変わってしまうことも珍しくないのです。 その原因が子どもにある場合も考えられます。例えば不登校や事件を起こしてしまうなど、家族間での関係にヒビが入り、家庭内問題に繋がります。 ウチでは起きるはずがないと思っている人に限って、実は家庭内の問題に気付けていないだけなんてこともあります。 家庭内が上手くいっていなければ犠牲になるのは子どもです。 長い夫婦生活の中、全く問題がない家庭なんてあるはずがありませんが、家庭内問題が起きてしまった時に、きちんと向き合えるか?話し合って解決できるかがとても重要なポイントになるのです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ