売春・援助交際

2019年7月26日

未成年者に対してお金と引き換えに交際することを「援助交際」や「売春」といいます。 全く違う言葉に聞こえるかもしれませんが、もともとの意味は全く同じものです。 売春というと聞こえが悪いのであえて援助交際と呼ぶ場合もあります。 また援助交際は愛人のように同じ相手と何度も合うことをさす場合もありますし、体の関係があるのを売春という場合もあり、人によって呼び方の基準が異なります。 そもそも援助交際の言葉自体が漫画家の人が作り出した言葉が元になっているそうです。 世界では売春によってお金を稼ぎ、生活をしている女性たちも多く存在しています。 貧困や生活が窮屈してしまうと、女性の多くが体を売ることで生計を立てなくてはならなくなり、国によっては教養を受けていない女性が売春しか仕事がないなんてケースもあります。 日本でも援助交際や売春が行われていることはメディアでも取り上げられ、頻繁に耳にします。 出会い系サイトやSNSなどのソーシャルネットを通して援助してくれる相手、体を売ってくれる相手を探し金銭のやり取りを行うことでお互いの私利私欲を満たしているのです。 本来未成年をお金で買って性的な欲求を求めるのは犯罪です。 でもそのれが犯罪であるのを知りながら手を出してしまう未成年にも、生活をするためだったり、勉強しながら限られた時間で効率的にお金を稼ぐために売春や援助交際をしている女性もいます。 なかには付き合っている男性に貢いでしまっている女性、寂しさを紛らわすためなど、売春と一言では片付けられないぐらい、さまざまな問題が見え隠れしてくるのです。 近頃は体の関係はなく、一緒に御飯を食べにいくだけでお金をもらえるパパ活というものもあります。 これらの売春や援助交際をしている女性の多くが、育ってきた家庭に何らかの問題を抱えている場合や、将来に希望を見いだせないなどの問題を抱えている場合もあります。 売春に手を染めるまでにも必ず誰もが葛藤した時期もあるわけで、それを思い留めることができなかった状況にも問題があるのかもしれません。 あなたは売春や援助交際についてどんな意見を持っていますか?

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ