企業倫理

2019年7月26日

企業倫理とは?

企業倫理とは、企業として活動していく上で、重要な守るべき考え方のことをいいます。 主に法令遵守の考え方を企業倫理という場合が多いとされています。 ただし企業倫理の中には働く上での環境だったり道徳的な考え方なども含むなど、幅広い内容が含まれています。 実際日本で企業倫理が注目されるようになったのは、1980年代に起きた会社の不祥事によって、ある程度企業倫理を決めておくことの大切さを求められるようになりました。 現在では会社が消費者や社会からの信頼に応える為に明文化されるものとなっています。 企業にとっては商品やサービスなどの知識や情報に関して圧倒的に有利な立場にいます。 そのうえで消費者に対して信頼されるように誠実な対応を心掛けることがとても重要なことになるのです。 企業としての経営理念や行動原理などとともに、企業に従事している人たちが周知することはとても大切です。

企業倫理として受賞歴のある誠実な企業

その為には定期的に企業倫理に対して評価をするのもそうですし、企業内で社内告発などのシステムを作り誰もが働きやすい環境を作っていかなくてはいけません。 企業倫理を評価する為にIntegrity Awardが行われています。 これは2002年に創設されたものになり、今まで15年以上にわたって表彰が行われています。 社会的な責任だけにとどまらず、内部統制などに優れた企業を選出します。 日本の企業で過去に受賞したことがあるのは 2012年 大賞 三菱地所株式会社 事業法人部門賞 株式会社ダイセキ 金融機関部門賞 みずほ信託銀行 2015年 最優秀賞 伊藤忠商事 など有名企業ばかりです。他にも資生堂やイオン・オムロンなども受賞歴があるなど、企業倫理に優れた会社には日本を代表する企業ばかりだと言えるのではないでしょうか。

まとめ

企業倫理は法令遵守と似ているような内容になりますが、全く異なる部分で企業がいかに誠実で消費者に対して尽くしているのかを把握するものになります。 企業倫理の重要性が求められる中、日本にはまだまだブラック企業として職場のことを考えない企業も存在しているのです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ