ブラック企業問題

2019年7月26日

ブラック企業とは?

近年何かと話題になっているブラック企業ですが、実は厚生労働省の定義では具体的な内容は決まっていません。 ただし一般的な認知のされかたとして、労働者に足して極端な長時間労働やノルマを課したり、パワハラや賃金の不払残業などの企業としてのコンプライアンスの低さに対してブラック企業と使います。 実際ブラック企業の場合、職場環境の悪さから何度も採用して離職を繰り返すようになってしまい、使い捨て状態に陥ってしまっているケースも珍しくないのです。 会社を辞めたいと言おうものなら、賃金を支払わなかったり不当な解雇などブラック企業の問題はあとを絶ちません。 辞めたいと思ってもなかなか行動に移せない状況を作り出してしまうのも、ブラック企業の特徴です。

ブラック企業の問題とは?

ブラック企業には様々な問題があります。 例えばブラック企業は何といっても離職率が高いこともあり、正社員だけに関わらず、アルバイトやパートまでもがすぐに辞めてしまいます。 その結果、家庭を持っていたり生活の為に辞められない人が残ってしまい、いなくなった人の分まで頑張って働かなくてはいけない環境になてしまうのです。これをいわゆる過重労働といいます。 ブラック企業の場合は辞めそうな人に対しても説得しながら続けさせるなど、仕事を強要するなどの問題も起きています。 これは社員よりも売上を重視して人を育てることを考えていない企業の証拠です。 社員は仕事をすることによって、日常生活に支障をきたすようになってしまいます。 またブラック企業は給与や昇給が明確にされていないなどの問題も多く、せっかくやる気のある社員が入ってきても待遇が改善されず、使い潰しの状態になってしまうのです。

まとめ

ブラック企業かどうかは入社してみないと判断できないケースが多く、泣き寝入りをすることになります。 求人の時点で高すぎる給料が設定されていたり、採用が正社員ではなく契約社員になっていないか? 精神論理的なものを全面に出しているような会社はブラック企業の可能性がありますので、注意しましょう。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ