安楽死

2019年7月26日

安楽死とは?

人間や動物に対して苦痛を与えずに、死に至らせる方法をいいます。 安楽死を選択する上で多いのは、がんなどの終末期医療に対しての処置として行われる場合が多く、死ぬことに対する自由を求める権利でもあります。 例えば生きていることに対して耐え難い苦痛がある場合や、もうそこまで死期が迫っている場合、精神的な苦痛や肉体的な苦痛に対してこれ以上、手を施しようがない状態、もしくは患者が意思を明示した場合に安楽死が行われます。

日本での安楽死の事例とは?

安楽死というとオランダをイメージする人が多いかもしれません。 実際にオランダでは安楽死を推奨する団体もあり、2002年には世界で初めて合法化しました。 オランダでは外国人であっても登録ができ約80万円で安楽死を選ぶことができるのです。 他に安楽死が可能な国は欧米の数カ国になり、国よってその基準が異なります。 実は日本でも安楽死を選択する裁判は何度も行われており、1961年には安楽死を容認する6つの要件が示されています。 そのうえで患者本人による意思表示がある場合や、昏睡状態で意思表示ができない場合、家族の意向を尊重しても良いとされているのです。 そのため安楽死に対して世界よりも寛容で過去の事例を見ると実際に行われていることがわかるのです。 ただし法定に認められているわけではないので、今後高齢化社会に伴い、自由に選択できるようになるのではないでしょうか。

まとめ

安楽死といいうとあまり良い印象に取らない人も多いかもしれませんが、安楽死は患者さん本人が選択でき、自分の死を選ぶことができると考えると、いかに考えなくてはいけない問題であるかがわかります。 認知症になってしまったら?など自分のことに置き換えて考えてみると、安楽死を法律で合法化することの重要性が見えてきます。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ