腐敗防止

2019年7月28日

腐敗防止とは?

腐敗とは汚職や贈収賄などと同じ意味合いをいいます。 例えば日本企業が外国の公務員に対して、事実上の便宜を図ってもらうことを目的として、賄賂などを支払い自分たちの利益に繋げるような約束を取り付けるなどの行為をいいます。 国連グローバル・コンパクトの10原則や経団連などの企業行動憲章などにも掲げられています。 1990年代の末頃からOECDの国際商取引における外国公務員に対する賄賂の防止に関する条約によって、その加盟国の間で海外腐敗行為防止法制に向けて動きはじめました。 それに対して1998年12月に著名しています。翌年には外国公務員への贈賄に対する処罰の規定も置かれるようになりました。 ただし1999年の施行依頼、公表された処罰の事例はなく過去を調べてみても、罰金や執行猶予付きの懲役刑程度しか行われていません。 そのためOECDを始めとする国際社会に置いても判断が甘すぎるのではないかと言われています。 今後は日本でも腐敗防止について取締が強化されるのではと言われています。

腐敗防止について深く理解すること

今までは法律に罰せられることのなかった内容であっても今後は対応時に注意が必要になる場合もあります。 腐敗防止についてまずは正し知識を持つことがとても重要なことになるのです。 法律に違反するかどうかはある程度共通したパターンがありますので、該当してしまうことのないよう役員や従業員に徹底することが大切です。 例えば来日する外国公務員に対して、贈答や接待などを行う機会があるとします。 迎え入れる日本企業としては少しでも高い評価を得たいものですよね。 日本の企業ではおもてなしのつもりでもこれが過度になってしまい、不必要な接待や贈答に繋がってしまうこともあります。 接待相手になる公務員が事業許認可を与えるか否かの重要な役割を担っていることもあるので、リスクはさらに高くなると考えられます。 他にも行政行為を促進する対価として求める、ファシリテーション・ペイメントなどもあります。

まとめ

腐敗防止について今までは日本の規制も緩かったものが、今後は厳しくなる可能性があります。 あなたの企業は大丈夫でしょうか。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ