反競争的行為

スポンサードリンク

反競争的行為とは?

公正な競争を妨げる行為のことをいいます。

2014年に日本座街企業協会の指針によって、「反競争的行為」について新しい事項が追加になりました。これがグローバル・リスクに直結するのではと考えられています。

特に問題視されているのは、ハードコアカルテルと呼ばれるものになり、製品の価格を操作した目的とした調整行為のことをいいます。

企業間の自由な競争を促すことによって、社会や国家を潤す効果が期待できます。

それを意義にしているにも関わらず、影響力の強い企業同士が市場の裏で価格を操作することによって、本来生まれるはずの利益が出なくなってしまい、本来の富や所得の配分におかしな結果が出てしまうのです。

その結果、社会的な弱者に負担がかかってしまいより多くの出費を負担しなくてはいけなくなってしまうのです。

力のあるものが得になり、力のないものが損をする結果になってしまうのが反競争的行為になるのです。

実際に20世紀では基本的な姿勢を問いただけになってしまい、企業として反競争的行為を対策するような措置はとられてきませんでした。

ですがカルテル行為に対して厳しく取り締まるようになり、今後は容赦なく摘発されてしまう可能性があるのです。

それを知らないと訴訟のリスクを起こしてしまう原因になることもあり、企業として存続の危機に繋がってしまうこともあるのです。

日本の企業での反競争的行為とは?

大手企業などはホームページ上で反競争的行為に対しての防止について記載されています。

例えば三菱ケミカルホールディングスのホームページを見ると、独占禁止法や私的独占の禁止・不当な取引制限・不公正な取引方法の禁止などを課題認識・基本的な考え方として公言しています。

それに対するコンプライアンスのなどの活動も行っており、企業倫理が明確に提示されています。

今後はこのような反競争的行為を提示することを求められるようになります。

まとめ

反競争的行為についていまいちよくわかっていない人もいるかもしれません。

知らずにカルテルに加担してしまうことのないように、まずは正しく知ることが大切です。

0

はじめての方はコチラ

チャンスメイクって何?

スポンサードリンク

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Close Bitnami banner
Bitnami