日本文化発信

2019年7月29日

日本文化と言われてどのようなものを思い浮かべますか。
  • 伝統芸能(歌舞伎・文楽・能)
  • 茶道、華道、盆栽
  • 大衆芸能(落語・紙切り・講談・和妻)
  • 和食
など、一言で日本文化といっても幅広く存在しています。 日本のグローバル化が進んでいる現代において多様な日本文化を発信して、日本の魅力を世界に発信することは、諸外国からの理解を高めることにも繋がります。 文化発信戦略に関わる懇親会を何度も実施してきた中で、検討され今すぐにでも着手するべき内容をまとめた「日本文化への理解と関心を高めるための文化発信の取組について」が発表されました。 欧米諸国やアジア諸国などで国を掲げた文化発信などに力を入れる動きがあります。 日本でも伝統的な文化を世界に発信することによって理解を深め、世界的な地位の確率に繋がるのではと予想されています。 日本では近年外国人観光客の数が年々急増していると言われています。街の中でもさまざまな国の人を見かける機会が増えたと感じている人も多いのではないでしょうか。 2013年にははじめて1000万人を超えたことでも話題になりました。 東京2020オリンピックにおいては開催地である東京だけでなく、日本全体を世界に広める為のチャンスにもなります。 特に国としての力を強める為には軍事力だけでなく文化力を高めて世界を味方にすることもとても重要なことだと考えられています。 世界からも注目されている日本は、どんな文化発信をしていく必要があるのでしょうか。 まず日本人が日本文化について興味を持つことが必要です。 一時的に国が補助金をつぎ込んでも日本文化が世界に広まることはなく、日本人自身が敷居を下げて伝統文化が楽しいものだと認識することも重要です。 そのためには幼少期の頃から文化や芸術に触れる機会を増やすのも1つの方法です。 伝統を維持しようと考えすぎるのではなく、現代流にアレンジすることによって、若い世代からも受け入れられやすくなります。

まとめ

日本文化は世界と比較しても多くの文化が当たり前のように残り、今に伝わっています。 これを世界にどうやって発信していくのかが重要な課題になるのです。

CONTACT

お問い合わせ

ご質問・ご相談は下記よりお問い合わせフォームにご記入いただき、
内容をご確認のうえ、送信してください。
お問い合わせの内容によっては、お時間を頂戴する場合がございます。
(提案やご紹介のメールに対しましては、お返事を差し上げられない場合がございます。)

お問い合わせフォームへ